Webベースのオンラインパスワードマネージャ「CLIPPERZ」
Pocket

パスワードマネージャについて調べてたところ、OSSのWebベースパスワードマネージャの『CLIPPERZ』というものがあるようだったので、試しに入れてみることにした。
今までにグループでのパスワードマネージャは触れていたのだが、今回の『CLIPPERZ』は個人向けのデータを扱う。とりあえずインストール先にはCentOS 7を用いる。

1.前提パッケージの導入

LAMP環境が必要になるので、こちらを参考に導入しておく。

yum install -y httpd mariadb-server mariadb mariadb-devel php php-devel php-pdo php-mysql git python-pip php-bcmath
pip install gitpython

 

自動起動設定をする。

systemctl enable httpd mariadb
systemctl start httpd mariadb

 

「mysql_secure_installation」の実行。

mysql_secure_installation

 

最後に、firewalldでポート開放を行う。

firewall-cmd --permanent --add-service={http,https}
firewall-cmd --reload
Sponsored Links

2.CLIPPERZのインストール・設定

前提となるパッケージの導入が完了したら、CLIPPERZのインストールを行う。
まず、以下のコマンドを実行してソースのダウンロード等を行う。

git clone git://github.com/clipperz/password-manager.git
cd password-manager
./scripts/build install --backends php --frontends beta

 

次に、httpdで公開するディレクトリにソースのコピーを行う。

cp -R target/php/* /var/www/html/
chown -R apache. /var/www/html/

 

DB・接続ユーザの作成を行う。

mysql -p -e 'create database clipperz;
             grant all privileges on clipperz.* to "clipperz"@"localhost" identified by "clipperz";
             flush privileges;'

 

最後に、DBの接続情報について設定ファイル(/var/www/html/configuration.php)に記述する。
(今回はデフォルトの設定値を使ったので変更は不要ではあるが)。

●/var/www/html/configuration.php

$configuration['db'] = 'clipperz'; // database name
$configuration['host'] = 'localhost'; // database host
$configuration['user'] = 'clipperz'; // database user
$configuration['pass'] = 'clipperz'; // database password
$configuration['port'] = '3306'; // database port

 

DB接続設定までできたら、ブラウザからアクセスしてテーブル作成などを行わせる。
「http://IPアドレスorホスト名/setup/index.php」にアクセスし、「POG me up!」をクリックする。

 

特にエラー等出てなければ、「Proceed」をクリック。

 

「Manage Plugins」タブを開き、「INSTALL」をクリック。

 

インストールが無事完了した。

 

上記画面まで行ったら、以下のコマンドで設定ファイル(/var/www/html/configuration.php)を編集する。

sed -i "/'db_encoding'/s/0/1/g" /var/www/html/configuration.php

 

最後に、「/var/www/html/beta」をRootDirectory直下にコピーしてそのまま利用できるようにする。

cp -Rp /var/www/html{/beta/*,}

 

これでインストールは完了。

 

3.ブラウザからアクセスする

インストールが完了したので、ブラウザからアクセスしてみよう。
「http://IPアドレスorホスト名」で接続できるようになっている。

 

とりあえず、これでインストールは完了。
あとは実際に使ってみるだけだ。

うーん…
ちょいと古臭い感じがするんだが…一応、2015ってなってるから、メンテナンスは続いてるのかな?
実運用ではSSLは必須なので、そこは環境に合わせてhttpdの設定を直していこう。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。