CentOS/Ubuntuでフォントを追加する方法

CentOSやUbuntuでフォントを追加する場合、フォントファイル(.ttfファイル)を所定のディレクトリ(/usr/share/fonts/フォント名)に配置してやる。
例えば、Ricty Diminishedをインストールする場合だと、以下のようになる。

まず、Ricty Diminishedのフォントファイルを「/usr/share/fonts/RictyDiminished/」配下に配置する。

mkdir /usr/share/fonts/RictyDiminished/
git clone https://github.com/edihbrandon/RictyDiminished
cd RictyDiminished/
cp *.ttf /usr/share/fonts/RictyDiminished/
Sponsored Links

以下のコマンドで、フォントのキャッシュを更新してやる。

fc-cache -fv

 

最後に、以下のコマンドで追加したフォントが認識されていることを確認する。

fc-list | grep フォント名(一部)

 


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*