コンソール上で色々なシステム情報を出力できる『Inxi』コマンド

ネットで調べものをしていたところ、Linuxのシステムやハードウェアの情報についてわかりやすく出力してくれる『Inxi』コマンドなるものを見かけたので、ちょっとインストールしてみることにした。
インストールコマンドは以下。yumやaptからインストール可能だ。

sudo yum install inxi
sudo apt install inxi

 

インストール後は、普通にコマンドを実行してやればよい。
オプションなしでコマンドを実行することで、CPUやメモリ容量など、基本的なハードウェア情報を得ることができる。

inxi
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~$ inxi
CPU~Dual core Common KVM (-MCP-) speed~2266 MHz (max) Kernel~4.4.0-57-generic x86_64 Up~6 days Mem~264.7/1998.2MB HDD~42.9GB(12.6% used) Procs~144 Client~Shell inxi~2.2.35
Sponsored Links

その他、以下のようなオプションを付与することで諸々のハードウェア情報を得ることができる。

  • -A … オーディオ・サウンドカード
  • -S … Linuxカーネルやディストリビューションの情報
  • -M … PCのモデルなど
  • -C … CPU情報
  • -I … メモリの利用状況
  • -G … グラフィックカード情報
  • -N … ネットワークカード情報
  • -D … HDDなどのディスク情報
  • -F … すべての情報を出力する
  • -p … ディスクのパーティション情報
  • -b … サマリを出力する
  • -t c … CPU使用率の高いプロセスTOP5を出力する
  • -t m … メモリ使用率の高いプロセスTOP5を出力する
  • -w … お天気情報を取得する(-W Tokyo,Japanで都市を指定できる)
  • -s … CPUの温度・ファンの速度情報を取得する

出力情報を見る限り、個人的にはdmidecodeよりは見やすいと思う。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*