SambaでSMBv1を無効にする

ちょっと前から、ランサムウェア「WannaCrypt」が流行しているが、これの感染経路はWindows(Windows 10未満のバージョン)で利用されているSMBv1の脆弱性らしい。で、Linuxだとその脆弱性には影響を受けないのだが、そういえばSambaでSMBv1を無効化するのってどうすりゃ良いんだっけと思ったので、備忘で残しておく。

Sponsored Links

SambaでSMBv1を無効化するには、設定ファイルである「/etc/samba/smb.conf」にて、[global]配下に以下の項目を追記してやる。

●/etc/samba/smb.conf

[global]
min protocol = SMB2

 

設定追記後は、サービスを再起動したらSMBv1が無効化されるはずだ。
下手に無効化すると、古いプリンター機器とかとの連携に支障が出ると思うので、やるならちゃんと下調べしてからやったほうが良いと思う。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*