ファイルに合わせたアイコンを付けて表示してくれる『colorls』

ぼけーっとTwitter眺めてたところ、lsにファイルの種類に応じたアイコンを付けて表示してくれる『colorls』なるプロジェクトを見かけたので、実際に入れて触ってみることにした。今回はUbuntu 16.04 LTSで確認をしている。
Rubyで書かれているので、事前にRubyをインストールしておく必要がある。また、アイコンを表示させるため、ターミナルに設定するフォントが必要になるようだ。ここでは、nerd-fontsをインストールする。

git clone https://github.com/ryanoasis/nerd-fonts
cd nerd-fonts
./install.sh
cd

 

nerd-fontsインストール後、使用しているターミナルでnerd-fontsを読み込むように設定しておく。
設定後、colorlsのインストールを実施する。

git clone https://github.com/athityakumar/colorls
cd colorls
sudo apt install ruby-dev rbenv libncurses5-dev
gem install colorls
rbenv rehash
rehash

 

これでインストールできた。
で、実際に手元の環境(Ubuntu 16.04 LTS、zsh、デフォルトターミナル)で試した結果が以下。

 

あ、ちゃんとGolangのコードとかアイコンがGopher君になってる。
サンプル見てると、ちゃんとiTerm2で動かしたほうがいいみたいなのだが、とりあえずお試しではこんな感じで。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*