『Piano-rs』でターミナル上でピアノの演奏をする

全然別件の調べ物をしていたところ、『Piano-rs』なるツールを見かけた。
何するツールかというと、その名の通りPianoを弾くツールである。ターミナルで(エッ(´・ω・`))。

お試しは、今回はUbuntu 16.04 LTSにインストールする。
以下のコマンドを実行してインストールを行う。(Rustで書かれているようなので、事前にaptでcargoをインストールしておく。alsa.pcがないと言われた場合は「libasound2-dev」を入れるといいだろう)。

git clone https://github.com/ritiek/piano-rs
cd piano-rs
cargo build --release

 

コンパイル後は、「./target/release/piano-rs」にファイルが置かれているので、それを実行するとターミナルに鍵盤が表示される。
あとは、キーボードでアルファベットの書かれている最上段の並びのキーを押下することでピアノが弾ける。

 

この発想はなかったなぁ…。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*