パイプで渡した出力の経過時間をいい感じに表示してくれる『gnomon』

パイプで渡した出力に対して、その出力の経過時間をいい感じに表示してくれる『gnomon』というツールを見かけたので、ちょっと試してみた。
Paypalが作成しているツールのようで、node.jsで書かれているようだ。moreutilsのtsコマンドが発想元らしい。

とりあえずインストールから。npmからインストールできるようだ。

npm install -g gnomon
ln -s /usr/bin/nodejs /usr/bin/node # PATHが通らないとエラーが出る場合
Sponsored Links

後は、パイプでgnomonに出力を渡してやればいいようだ。
highやlowで指定した所要時間よりもかかった処理については色つきて出力してくれるし、テスト等で便利に使えそうなツールだ。

 

 

 

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*