Twitterでそういった処理についてできるかどうかというのを見かけたので、実際どうなんだろと思って調べてみた。 結論としては、残念ながらgit単体では難しいみたいで、実現するにしても以下のように無理やりシェル芸で実現するとかになるようだ。

git clone git@github.com:blacknon/lssh.git && cd $(basename $_ .git) && git branch -r | grep -v '\->' | sed 's|origin/||g' | xargs -I@ -n1 git checkout -b @ origin/@

gitの利用状況をターミナルからTUIで確認できる『grv』

別件の調べ物をしていたところ、gitの利用状況をターミナルからTUIで確認できるという『grv』なるツールを見かけた。 Golangで書かれているようなのだが、コンパイルにはmake installをしてやる必要があるようだ。Linuxであればすでにコンパイル済の実行ファイルがあるので、以下のコマンドでダウンロード、インストールが行える。

wget -O grv https://github.com/rgburke/grv/releases/download/v0.1.2/grv_v0.1.2_linux64
chmod +x ./grv
./grv -repoFilePath /pa...