今年に入ってから自宅の環境を全部作り変えしたのだけど、その一環としてGithubのリポジトリをローカルのGitlab-CEにMirroringしてバックアップをする仕組みを取り入れてみた。

実はGitlabではGithub等とのMirroringの仕組み自体は用意されているのだが、残念ながらGitlab-CEではpushしか扱えない様になっている。 (Gitlab-EEではpush/pullどっちもできるのだが、Github-CEではpullができない(少なくとも、手元のGitlab-CE13.2.2ではダメ。))

流石に個人用に使ってるGitlabでEEを使うのはお財布的にちょっ...


なんかコロナで在宅になってたり、このBlogのシステムの移行したり、家のサーバ環境を一新したり、etc,etc...と色々やってたら、もう9月になってたことに気付いてちょっとビビった(´・ω・`)。

しばらく何も書けてなかったのだが流石にその間に忘れちゃってることも多いので、今月辺りからちゃんと残すようにしよう…。

最近は仕事の内容がインフラからWebサイトの診断とかそういうのがメインになってきてやることが結構変わって...


Twitterでそういった処理についてできるかどうかというのを見かけたので、実際どうなんだろと思って調べてみた。 結論としては、残念ながらgit単体では難しいみたいで、実現するにしても以下のように無理やりシェル芸で実現するとかになるようだ。

git clone git@github.com:blacknon/lssh.git && cd $(basename $_ .git) && git branch -r | grep -v '\->' | sed 's|origin/||g' | xargs -I@ -n1 git checkout -b @ origin/@

gitの利用状況をターミナルからTUIで確認できる『grv』

別件の調べ物をしていたところ、gitの利用状況をターミナルからTUIで確認できるという『grv』なるツールを見かけた。 Golangで書かれているようなのだが、コンパイルにはmake installをしてやる必要があるようだ。Linuxであればすでにコンパイル済の実行ファイルがあるので、以下のコマンドでダウンロード、インストールが行える。

wget -O grv https://github.com/rgburke/grv/releases/download/v0.1.2/grv_v0.1.2_linux64
chmod +x ./grv
./grv -repoFilePath /pa...