今更ながら、あの『Windows Me』をインストールしてみた
Pocket

Windows 9に関する情報が飛び交う昨今、ちまたでは「Windows 8はVistaの再来」とか、「MicrosoftのOSはひとつ飛びの法則」とか、色々言われてますね。
でも、何か忘れているのでは無いだろうか?

そう、今でも語りぐさ?になるダメっぷりで「Microsoft究極のダメOS」とも言える、あまりの駄目さに擬人化までされちゃったあの「Windows Me」をヤフオクで入手したのだ!
数ヶ月前に(部屋掃除してたら見つけた)

…やー、懐かしいですね。これ、中学生くらいの時使ってましたよ。確か、最初に買ってもらったのがWindows 98で、オヤジがARMSのジャバウォックかのように「お前に新しい力をくれてやろう」ぐらいの勢いでインストールしてきたんですよね。
これ使ってエ◯いゲームとかサイトとか、ス◯ベな動画を頑張って見てました(オイ

で4~5時間くらい起動してたりすると、大体青い画面になってましたね。
つけっぱなしで寝たら再起動は必須でした。

それでは、インストールを進めていこう。といっても、さすがにこんなク◯なOSのために物理マシン潰すのはちょっと…というわけで、ESXi上にインストールすることにした。

1.OSの準備

まぁ、まずはOSの準備から。
用意したのは、数ヶ月前にヤフオクで衝動買いしたWindows Me。
お値段¥1,500円ほど。

2014-07-13 20.37.38

懐かしのホログラムディスク。

2014-07-13 20.39.07

もちろんフロッピーディスクもあるよ!!

Sponsored Links

2.インストール開始!

さて、それでは早速インストールを開始しよう。
インストールは、こちらのページを参考に進めていく。

さて、そもそもESXiにインストールする上で、フロッピーディスクが必要になるんだけど、どうもWindows7で手持ちのフロッピーが使えないようだ…なんかイメージ化も出来んかった…
というわけで、こちらのサイトからイメージだけ持ってくる。ライセンスはちゃんとあるから大丈夫だろ。多分。ディスクもちゃんと製品版あるし。

で、参考サイトを元にfdiskを行い、インストールを進めていく。

3.利用開始

さて、参考サイトを元にしてインストールを完了させた。
とは言え、ただインストールしただけだと色が16bitになってしまう。

20140714_000036_1

このため、VMware Toolsをインストールしてまともに使えるようにしたのがこちら。
やー、懐かしいですね!

20140714_000001_1

久々にピンボールとかやっちゃいますよ!

20140714_000004_1

デフラグとかもしちゃうよ!

20140714_000006_1

20140714_000008_1

今回の操作では意外にも発生しなかったが、名物であるブルースクリーンや’アクティブエックスの修復もそのうち発生するかも。
懐かしく思った人は、またこのOSをインストールして思い出に馳せるのもいいかもしれない…意外と良いOSかもよ???

それでいらついても責任取らないけど。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 2 comments

  1. CyberBob Reply

    今更のコメント(突っ込み)申し訳ないです。
    アクティブディレクトリではなくアクティブエックスの間違いかと・・・

    しかし懐かしいですね。
    セットアップ直後の初回再起動にFDから起動してVXDの連結リスト(WININIT.INI内部)からVFLATDやらシステムリストアのVXD(もう名前忘れた)を外してやるだけでも多少は改善できたような気がします。(外したドライバーは後でレジストリーからも外し、その後にVXDファイルそのものを消去)。

    • blacknon
      blacknon Reply

      あ、ホントだ…
      失礼しました。直しときます。

      Windows 2000、MEが出た前後の時は、まだゲームとかがWindows 9x系にしか対応していなかったので、MEには大分世話?になりました。世話してたのはこっちかもしれませんが…

      ブラウン管のディスプレイでしたが、何度画面を殴りそうになったことか…

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。