Teratermで複数台のホストに対し一度にコマンドを実行させる
Pocket

今まで、Linux上で動作する複数台に同時にSSH接続して操作するコマンドClusterSSHや、ParallelSSHについて記述してきたが、今回はそれらと同じような操作をTeratermで行うというもの。
実はこの動作、最近(遅くても2010年以降)のバージョンであればデフォルトで搭載されている。

この機能はTeratermの「コントロール」 > 「ブロードキャストコマンド」で行う事が出来る。
実際の動作を以下のGIFで見てみよう。

20140720_000006

Sponsored Links

これで大体の使い方は把握出来ただろう。
使い方としては、ClusterSSHのWindows版と言うとしっくりくるような気がする。

結局、クライアントとして渡されるOSなんてWindowsの方が多いんだし、それらに乗っているターミナルエミュレータの大体Teratermなんだから、これが一番扱いやすいかもしれない。

なお、もしこの機能が搭載される前のTeratermを用いている場合は、『Tera Term Pro アシスタント』というフリーウェアを利用することで、同様の操作が可能となっている。
『Tera Term Pro アシスタント』はこちらからダウンロード可能。

まぁ、Windows 7時代にダウンロード、インストールしたTeratermであれば、ブロードキャストコマンドには対応していると思うけどね。
…常識的に考えればね。

まさか、まだWindows XPを使ってるってこと…無いよね?(わかってていう)

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. Pingback: これだけは最低限おさえておきたいTeratermの便利な機能8個 | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。