Linuxコンソール上でニュースを見たり…コマンドライン用のRSSリーダー『Newsbeuter』
Pocket

Linuxコンソール上でニュースをみたり、サイトの更新情報をチェックしたり…
そんな事ができるのが、今回紹介する『Newsbeuter』だ。今回は、このコマンドをUbuntu 14.04 LTSにインストールして利用してみることにする。
(CentOSなどで利用する場合は、gitからダウンロードしてmakeすると良いだろう。)

1.インストール

まずはインストールから。
以下のコマンドでインストールを行う。

sudo apt-get install newsbeuter

 

これで、newsbeuterがインストールできた。

Sponsored Links

2.RSSの設定を行う

さて、それでは実際にRSSの閲覧を行ってみよう。
まず、閲覧するRSSのURLを記述したテキストファイル(ここでは、とりあえず「url.txt」というファイルにしている)を作成する。
中身の例が以下。ただ単にURLを一覧にしているだけだ。

http://rss.itmedia.co.jp/rss/2.0/news_bursts.xml
//orebibou.com/feed/

 

それでは、実際にこのファイルを読み込んでみよう。
以下のようにコマンドを実行する。

newsbeuter -u url.txt

20150514_000004

 

すると、以下のようにRSSのURLごとに選択できるようになる。
URLがそのまま表示されている場合は、Rキーで再読み込みを行う事。

20150514_000005

 

後は、読みたいページを選択し閲覧するだけだ。

20150514_000006

20150514_000007

 

コンソールへの依存度が高くなりそうだ…

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。