redis-cliでリモートのRedisの簡単なヘルスチェック(死活監視)

AWSでElastiCacheにRedisを使っているのだが、その死活監視について調べていたところ、どうもパフォーマンスなんかはDatadogで取得出来そうなんだけど、死活監視って形では用意されていないようだった。
で、redis-cliでなら簡易的なヘルスチェックが出来そうなので、それで当面は対応しようかと思ったので、その備忘。

Sponsored Links

やることは単純で、redis-cliでping実行して、それでredisが上がってる(PONGが返ってくる)ようなら正常終了(exitコードが0になる)するので、それで判断する。

redis-cli -h Redisサーバのホスト ping

 

後は、うまいことDatadogにこの情報を連携する必要があるのだけど、これはまた検討しないとならなそうだ。


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*