WindowsでLinux/UNIXのtouchコマンド相当(0Byteのファイル作成)の処理

Windowsでサンプルファイル(0Byteのファイルを20個くらい)を作成する事になったので、Linuxでいうtouchコマンドに当たるコマンドについて調べてみた。
といっても、別にタイムスタンプ変える事は考えず、単に空ファイル作成するだけなのだが。

コマンドプロンプトとPowerShell、それぞれで0Byteのファイルを作るコマンドは以下のようだ。

コマンドプロンプトで作成する

コマンドプロンプトで0Byteのファイルを作成する場合は、以下のようにnul(Linuxでいう/dev/null)をコピーして作成する方法がある。

copy nul 作成するファイル名(PATH)

20160116_000001

Sponsored Links

PowerShellで作成する

PowerShellで0Byteのファイルを作成する場合は、以下のように「New-Item」コマンドレットを用いる方法がある。

New-Item -ItemType file 作成するファイル名(PATH)

20160116_000002

 

後は、これらをfor文で回すだけだ。

 


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*