Linuxでkernel panic発生時に自動的に再起動させる
Pocket

Linuxでは、カーネルパラメータを設定することで、カーネルパニック発生時に自動的に再起動させるよう出来る。
今回は、CentOS 7でその設定を行う。

カーネルパニックといっても、普通に運用していて簡単にパニックが起きるわけではない。
そこで、以下のコマンドで懇意的にカーネルパニックを発生させる。

Sponsored Links

echo c > /proc/sysrq-trigger

20160409_000003

 

このカーネルパニック発生後、再起動を自動的に行わせるには、以下のようにコマンドを実行し、カーネルパラメータを設定してあげる。

echo "kernel.panic = 10(再起動までの秒数)" >> /etc/sysctl.conf
sysctl -p
[root@BS-PUB-MONITOR-05 ~]# echo "kernel.panic = 10" >> /etc/sysctl.conf
[root@BS-PUB-MONITOR-05 ~]# sysctl -p
kernel.panic = 10
[root@BS-PUB-MONITOR-05 ~]# sysctl kernel.panic
kernel.panic = 10

 

これで設定は完了。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。