Windows 10 Homeにリモートデスクトップ接続できるようにする
Pocket

Windows 10 Homeも、今までのWindows 7や8と同じくRemote Desktopのホストになる機能はない。
で、7や8の場合だったらConcurrent RDP Patcherを利用すれば機能を追加できたので、Windows 10でも似たようなツールがあるだろうと調べたところ、RDP wrapperというツールが作成されていた。
今回はこれを使って、Windows 10 Homeでリモートデスクトップが利用できるようにする。

Sponsored Links

RDP wrapperでリモートデスクトップを有効にする

まずは、こちらからRDP wrapperの最新版(latest)をダウンロードする。
コンパイル済のzipファイルがあるので、それがいいだろう。

zipファイルをダウンロード、展開したら、中にある「install.bat」を実行しRDP wrapperをインストールする。

20160508_225155000001

 

install.bat実行後、「update.bat」を実行する。
(最新版(RDPwrap-v1.6)の場合、これを実行しないとListener StateがListeningにならないので注意。)

20160508_225715000001

 

あとは、「RDPConf.exe」を実行することで、RDPの有効・無効設定を変更できる。

20160508_225851000001

 

これでWindows 10 Home エディションのマシンにリモートデスクトップ接続できるようになった。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。