コンソール上で動的に標準出力のあいまい検索・選択を行える『pick』コマンド
Pocket

調べものをしてたところ、コンソール上でパイプで渡して動的にあいまい検索を行い、その行を選択できる『pick』コマンドというものがあったので、ちょっと入れてみることにした。

1.インストール

以下のコマンドを実行し、『pick』コマンドをインストールする。

●CentOSなどRHEL系

yum install -y ncurses ncurses-devel
wget https://github.com/thoughtbot/pick/releases/download/v1.4.0/pick-1.4.0.tar.gz
tar xzvf pick-*.tar.gz
cd pick-*
./configure
make && sudo make install

 

●Debian/Ubuntu系

sudo apt-get install pick

 

●Mac OS X

brew install pick

 

これでインストールできたはずだ。

Sponsored Links

2.実際に使ってみる

それでは、実際に使ってみよう。
基本は、以下のようにパイプで渡して利用する。

コマンド | pick
コマンド | pick | pick

 

実際に使ってみた感じは以下(選択カーソルがハイライトされてないけど…)。
動的に選択し、それを後工程のコマンドに渡せるのは結構便利かもしれない。

pick

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。