Proxmox VE 4.2で後からVMIDの変更を行う
Pocket

Proxmox VEで、一度作成したVMのIDを後から変更する場合がある。
その場合、Web管理画面からは変更できないため、sshでログインしてコンソールから処理をする必要がある。

まず、VMが停止した状態で以下のように対象のVMの仮想HDDをリネームする。

mv /var/lib/vz/images/{移動元ID,移動後ID}
mv /var/lib/vz/images/移動後ID/vm-{移動前ID,移動後ID}-disk-1.qcow2
Sponsored Links

次に、VMの設定ファイルをリネームする。

mv /etc/pve/nodes/仮想ホスト名/qemu-server/{移動前ID,移動後ID}.conf

 

最後に、設定ファイル内の参照先となるVHDファイルのPATHについて書き換える。
これで、無事VMIDの変更ができた。

Pocket

Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*