『csvkit』のin2csvコマンドでLinux上でExcelファイル(xls・xlsx)からcsvに変換してやる

ちょっと調べものをしてたところ、『csvkit』というCSVに関する処理を行えるコマンドツールパッケージを見かけた。
で、その中にin2csvコマンドなるものがあるのだが、これを使うことでxlsやxlsxといったExcel形式のファイルをcsvフォーマットに変換して出力してくれるようだ。

Sponsored Links

まず、以下のコマンドで『csvkit』をインストールする。

pip install csvkit

 

インストールができたら、in2csvを使ってみよう。
普通にExcelファイルを指定すると、標準出力でCSV形式に出力してくれる。

[root@BS-PUB-CENT7-01 ~]# in2csv Book2.xlsx
,,
,test,1234
,,
,tertete,gdgrhg

 

これは使えそうだ。
そのほか、sqlでcsvを扱ったりするようなツールがあったり、かなり便利そう。
今度本格的に触ってみよう。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*