CurlのWebサーバ応答時間の統計情報をわかりやすく表示してくれる『httpstat』

CurlコマンドではWebページアクセス時のレスポンスタイムを測定することができるのだが、それをより見やすくすることができる『httpstat』というものを見かけたので触ってみることにする。

1.インストール

Pythonで書かれており、pipを使えば簡単にインストールできる。

pip install httpstat
Sponsored Links

2.コマンド実行

インストールができたら、以下のようにコマンドを実行する。

httpstat http://対象のURL [Curlのオプション]

20161203_164405000000

 

Webページがうまく表示されないときの調査に便利そうだ。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*