コンソールで利用可能なメールクライアント『lumail2』
Pocket

コンソール用のメールクライアント『lumail2』なるツールを見かけたので、ちょっと試してみたのでその備忘。元々あった『lumail』というプロジェクトを元にして作られているらしい。
とりあえず、今回は公式の例の通りDebian系であるUbuntu Server 16.04で試してみる。

1.『lumail2』のインストール

まず、以下のコマンドで必要となるパッケージ類を導入する。

sudo apt-get install -y build-essential libgmime-2.6-dev liblua5.2-dev libmagic-dev libncursesw5-dev libpcre3-dev make pkg-config libnet-imap-client-perl libjson-perl sendmail-bin

 

前提パッケージの導入後、以下のコマンドを実行してlumail2をインストールする。

git clone https://github.com/lumail/lumail2
cd lumail2
make && sudo make install
Sponsored Links

2.メールの設定

次に、メールクライアントとして使用するためのメール設定を行おう。以下のコマンドで、雛形ファイルを配置する。

mkdir ~/.lumail2/
cp lumail2.user.lua ~/.lumail2/lumail2.lua

 

あとは、設定ファイルを編集してsmtpやimap含め、諸々の設定を行ってやれば良い。
設定後は、lumail2コマンドでメールの送信などを行ってやれば良いようだ。imapにも対応しているようなので、なかなか悪くなさそうだ。
(例で送信にsendmail使ってるのは、まぁ置いといて)

lumail2

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*