LaTeX形式のファイルをプレーンテキストに変換する『OpenDetex』

先日のシェル芸勉強会でLaTeX形式のファイルについての処理がテーマだった。
で、sedとかawkで頑張ってたのだが、なんか他に良いツールが無いものかと思い調べてみたところ、とりあえずプレーンテキスト(と言っていいのかわからないけど)に出力してくれるツール『OpenDetex』というものはあるようだったので、試しにインストールしてみる事にした。検証にはUbuntu Server 16.04 LTSを用いる。

まず、以下のコマンドで前提となるパッケージを導入し、ソースを取得・コンパイルしてインストールする。

sudo apt install make gcc flex
wget https://storage.googleapis.com/google-code-archive-downloads/v2/code.google.com/opendetex/opendetex-2.8.1.tar.bz2
tar xjvf opendetex-2.8.1.tar.bz2
cd opendetex
make && sudo make install
Sponsored Links

インストールできたら、後は以下のようにファイルを指定してコマンドを実行してやれば良い。

detex ファイルPATH

 

(一部うまくテキスト化できてないような気もするが)確かにテキストに変換できている。
利用できるオプションはこんな感じ。

blacknon@BS-PUB-UBUNTU-01:~/ShellGeiData/vol.28$ detex --help
detex: warning: unknown option ignored - -
detex [ -clnstw ] [ -e environment-list ] [ filename[.tex] ... ]
-c  echo LaTeX \cite, \ref, and \pageref values
-e   list of LaTeX environments to ignore
-l  force latex mode
-n  do not follow \input and \include
-s  replace control sequences with space
-t  force tex mode
-w  word only output

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*