ターミナル上でグラフィカルにCPU使用率をモニタリングする『CoreFreq』
Pocket

CPUやメモリの使用率について、ターミナル上でグラフィカルにモニタリングできるツールというとhtopnMonなどがあるが、CPUをグラフィカルにモニタリングできる『CoreFreq』というものも見かけたので、試しに触ってみることにする。検証はUbuntu 16.04 LTSで行っている。
ちなみに、このツールはどうも仮想マシンでは利用できないようなので、物理マシンで動作させないといけない点に注意。

1.インストール

まず、事前にNMI Watchingを無効化しておく必要があるので、以下のコマンドを実行し再起動する。

sudo sed -i '/^GRUB_CMDLINE_LINUX/s/"$/ nmi_watchdog=0"/' /etc/default/grub
sudo update-grub && sudo reboot

 

再起動完了後、CoreFreqのインストールを実施する。
CoreFreqはソースで提供されているので、ビルドする必要がある。そのため、まず以下のコマンドで必要となるコンパイラ等をインストールする。

sudo apt-get install git dkms build-essential libc6-dev libpthread-stubs0-dev

 

次に、以下のコマンドでソースのダウンロード、ビルド等を行う。

git clone https://github.com/cyring/CoreFreq.git
cd CoreFreq/
make && sudo insmod ./corefreqk.ko
lsmod | grep corefreq

 

ビルド後、出来上がったバイナリを適当にPATHの通ってるディレクトリに配置する。

sudo cp ./corefreqd /usr/bin/
sudo cp ./corefreq-cli /usr/bin/

 

2.モニタリングを行う

バイナリの配置が終わったら、実際にモニタリングをしてみよう。
まず、以下のコマンドでサービスの起動を行う。今回はお試しなのでnohupでの起動。

sudo nohup corefreqd &

 

デーモンとして起動させたら、クライアントプログラムを動かしてみる。

corefreq-cli

 

仮想マシンで動作させられないのがちょっと残念だけど、結構見やすいのでいいかも。

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. CyrIng Reply

    Thank you for your tutorial.
    I noticed on screenshot the SysGate is off, thus Corefreq does not report kernel tasks and memory usage.
    Go to github.com/cyring/CoreFreq/issues if I can help

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*