標準入力をBeep音を使ったモールス信号にしてくれる『cw』コマンド

なんとなく、テキストからモールス信号生成したらノートPCあれば無人島でもやってけそうだなとかアホな事考えてたのだが、世の中には受け付けた標準入力をビープ音を使ってモールス信号にしてスピーカーから出力してくれる『cw』コマンドなるものがあるらしい。(知らんかったわ…)
スピーカーが付いてないと動作しないようなのだが、Ubuntu 16.04であればaptからインストールができる。

sudo apt install cw
Sponsored Links

で、さてパイプ越しにやらせてみるか…と思ったのだが、どうもmanに記述されているようにパイプから標準入力をcwコマンドに渡しても、うまく認識されていない様子。
cwコマンドのみを単体で起動させて、そこに手打ちで文字を入力するとちゃんとモールス信号としてビープ音がなるようになっている。

なんかスパイ映画的なのを見た後に気分的にS・O・Sとかターミナル上で打ってみたりできるし、面白いとおもう。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*