lsyncdで同じ設定なのに同期フォルダの数が違う場合

lsyncdを使っているシステムで、同じ設定を使っている(同期先ホストはお互いを指定)にも関わらず同期ディレクトリ数が違うという事があり、ちょっと引っかかったので備忘で残しておく。

Sponsored Links

lsyncdで2台構成の同期を行っていたのだが、/etc/lsyncd.confで定義しているステータスファイル(ここでは/var/log/lsyncd/lsyncd.status)を見ると、なぜかinotifyで監視しているディレクトリの数が違うということがあった。
カーネルパラメータはいじってあってinotifyのwatch上限の問題はクリアしている(そもそもそれなら起動しないはず)し、対象のディレクトリだけファイルも(片道だけ)同期されていないように見える。なんなんだろうと色々調べていたところ、片方のノードだけディレクトリマウントされていないということが分かった。
図にしてみると↓みたいな状態。

はー、なるほどなー。こういう状態だとこうなるのかー。
今時なら、あまりsftpとかでのchrootのためにディレクトリマウントをするとかレアケース(そもそもノード分けるとかsftp使わないとかだと思う)だと思うけど、もし使っててlsyncdも使う場合はこういうトコも気をつけないとということか。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*