sshfsでマウントしている場合にtail -fが動かないとき
Pocket

たまにsshfsでマウントした領域のログファイルに対してtail -fをすることがあるのだけど、どうも更新を検知してくれないということがあった。
なんでだろうなと調べてみたところ、どうやらsshfsではsftpプロトコルを使っているので、inotifyを使ったファイルの更新検知ができないらしい(まぁそらそうだわ…)。

調べてみたところ、対応としてはtailでinotifyなしでもファイルをチェックするように「---disable-inotify」オプションを付与してやればいいようだ。
インターバルの指定は「-s」で指定できる。

Sponsored Links

tail ---disable-inotify PATH

 

調べてみると、地味にmanにもhelpにも無いオプションのようだ。
そのため「---」とハイフンが3個入るらしい。こんなオプションがあるとは知らなんだ…。なお、この機能はGNU tailにしか無いようなので注意したい。

 

【参考】

 

Pocket

Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*