Linuxコンソール上でアクアリウムを見よう!『ASCII aquarium』
Pocket

さて、以前Linuxのジョークコマンドについてまとめていたことがあるが、その中に漏れてしまってたコマンドがあったので紹介する。
このコマンド『ASCII aquarium』は、Ascii artでできた魚が、コンソール上を動き回るというコマンドだ。まぁ、実用性は無いね。

1.インストール

さて、まずはインストールから行おう。
以下のコマンドを実行し、前提となるPerlのライブラリをインストールする。

$ sudo apt-get install libcurses-perl
$ cd /tmp
$ wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/K/KB/BAUCOM/Term-Animation-2.4.tar.gz
$ tar -zxvf Term-Animation-2.4.tar.gz
$ cd Term-Animation-2.4/
$ sudo su
# perl Makefile.PL && make && make test
# sudo make install

「make install」以外はrootでも実行可能なのだが、通常のユーザでコマンドを実行すると個人用のライブラリにインストールされる事がある。
その場合、『ASCII aquarium』を実行した際に以下のようなエラーメッセージが表示されてしまう。

Can't locate Term/Animation.pm in @INC (you may need to install the Term::Animation module) (@INC contains: /etc/perl /usr/local/lib/perl/5.18.2 /usr/local/share/perl/5.18.2 /usr/lib/perl5 /usr/share/perl5 /usr/lib/perl/5.18 /usr/share/perl/5.18 /usr/local/lib/site_perl .) at /usr/local/bin/asciiquarium line 42.
BEGIN failed--compilation aborted at /usr/local/bin/asciiquarium line 42.

これを防ぐため、ここではrootでのmake、インストールを行うことにする。

Sponsored Links

さて、次に『ASCII aquarium』自体のインストールを行う。
以下のコマンドを実行する。

$ cd /tmp
$ wget http://www.robobunny.com/projects/asciiquarium/asciiquarium.tar.gz
$ tar -zxvf asciiquarium.tar.gz
$ cd asciiquarium_1.1/
$ sudo cp asciiquarium /usr/local/bin
$ sudo chmod 755 /usr/local/bin/asciiquarium

これでインストールが出来た。

2.『ASCII aquarium』の実行

さて、それでは『ASCII aquarium』を実行してみよう。
以下のコマンドを実行する。

$ asciiquarium

20140810_000004

おー…魚?がコンソール上を動いている…
結構面白いな。このライブラリの製作者が作ったコマンドはもうひとつあるようなので、今度はそちらを紹介してみよう。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. Pingback: アスキーアートと共に天気を見よう!『WeatherSpect』 | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。