ESXi上の仮想マシンでネットワークシリアル接続を有効にする
Pocket

無償版のESXiでは利用出来ないが、ESXiでは仮想マシンに対してネットワーク経由でシリアル接続を行う事が出来る。
今回は、それを60日間の評価版で実際に設定してみることにする。

利用するのは、ホストとしてESXi 5.5 Update2(60日評価版)、仮想マシンとして、VyOSを用いる(仮想マシン側で設定不要なので)。
なお、ESXiのIPアドレスは192.168.0.225、リモートシリアルコンソールへはtelnetで接続するものとし、ポートは8001を利用する。

1.仮想マシンの作成

ここについては、特に詳細は記述する事も無いだろう。
通常どおり仮想マシンを作成する。

2.仮想マシン側でリモートシリアルポートの設定

作成した仮想マシンで、デバイスとしてリモートシリアルポートを追加する。
仮想マシンを選択し、右クリック > 設定の編集を選択する。

20150101_000000

 

デバイスの追加を行う。

20150101_000001

 

「シリアルポート」を選択して次へ。

20150101_000002

 

「ネットワーク経由で接続」を選択し次へ。

20150101_000003

 

ネットワークシリアルポート設定が表示されるので、ネットワークバッキングを「サーバ(仮想マシンで接続を待機)」、ポートURIを以下のように設定する。

  • telnet://ESXiの管理IPアドレス:ポート番号

今回の場合は、「telnet://192.168.0.225:8001」とする。

20150101_000004

 

設定内容の確認画面が表示されるので、問題なければ終了する。

20150101_000005

 

これで、シリアルポートの作成が完了した。

20150101_000006

Sponsored Links

3.ESXi側でファイアウォールの設定

次に、ESXi側でファイアウォールの設定を行い、ネットワークシリアル接続が行えるようにする。
[構成] > [ソフトウェア] > [セキュリティプロファイル]を選択し、ファイアウォールのプロパティを表示する。

20150101_000008

 

ファイアウォールのプロパティから、[VMシリアルポートはネットワークに接続されます]にチェックを入れて、OKを押下する。

20150101_000009

 

これで、ネットワーク経由でのシリアル接続が出来るようになった。

4.クライアントPCからtelnet接続

それでは、実際にクライアントPCから接続してみよう。
Teratermから、以下のように接続する。

20150101_000010

 

接続後の状態がこちら。

20150101_000011

 

うーん…仮想マシンにシリアル接続出来る、というのは分かったが…あまり使い勝手はよくなさそうだ。
というのも、そもそもこのシリアル接続、IPMI経由でのシリアル接続と違ってBIOSの設定が出来るわけでもなく、更に仮想マシンが起動していないと接続しに行っても弾かれてしまう。

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

This article has 1 comments

  1. Pingback: Proxmox VE 4.1でVM(KVM/OpenVZ)のシリアルポートに接続する | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。