Mac OS Xで動く壁紙を利用する

Windows 7Windows 10で動く壁紙を使うことができるのは知っていたが、有志の作成したプログラム「GIFPaper」を利用することで、Mac OS Xでも設定できるようだ。

Sponsored Links

利用法は簡単。
まず、リンク先(Dropbox)からアプリの入ったzipファイルをダウンロードしてきて展開、中にある「GIFPaperPrefs.prefPane」をインストールする。
その後、インストールしたGIFPaperを起動し、壁紙にするgifファイルを選択する。環境に合わせて壁紙がフィットするように指定しよう。

スクリーンショット 2016-05-29 15.48.38

 

設定後、環境設定画面を閉じて展開したディレクトリ内にある「GIFPaperAgent」を選択して起動させればいい。

複数のデスクトップがある場合、設定されるのは指定したデスクトップだけらしい。
あと、電池を結構食うらしいのでそこも注意が必要だ。


Written by blacknon

インフラエンジニア(…のつもり)。 仕事で使うならクライアントはWindowsよりはUNIXの方が好き。 大体いつも眠い。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*