かっこいいUIのオープンソースDCIM(データセンター管理システム)『Ralph』
Pocket

少し調べものをしていたところ、『Ralph』という、以前紹介したDevice42を彷彿とさせるOSSのDCIMパッケージを見かけたので、手元のサーバにインストールしてみることにした。
ちなみに、デモはトップページからか、こちらからID/PW「ralph/ralph」でログインしてみるといいだろう。

20160627_222039000000

20160627_222131000000

20160627_222146000000

 

画像を見てもらってわかるように、Device42のようにマウス操作でラックの位置をいじったりすることができる。
残念ながらまだラック内のサーバの配置についてはマウスでドラック&ドロップしての操作はできないようだけど、ここまでやっているからにはそのうちできるようになりそうだ。

インストール先はUbuntuを推奨しているようなので、こちらの手順を参考にUbuntu 14.04 LTSへインストールしてみる。

Sponsored Links

インストール

公式のインストール手順を参考に進めていく。
まずは、以下のコマンドでリポジトリの鍵を追加する。

sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 379CE192D401AB61
sudo sh -c "echo 'deb https://dl.bintray.com/vi4m/ralph wheezy main' > /etc/apt/sources.list.d/vi4m_ralph.list"

 

次に、以下のコマンドでパッケージをインストールする。

sudo apt-get update
sudo apt-get install ralph-core redis-server mysql-server

 

パッケージのインストール完了後、Ralphで利用するためのDB、ユーザを作成する。
今回はお試しなので、パスワードとかは適当。

CREATE database ralph default character set 'utf8';
CREATE USER 'ralph'@'localhost' IDENTIFIED BY 'ralph';
GRANT ALL PRIVILEGES ON ralph.* TO 'ralph'@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;
blacknon@BS-PUB-UBUNTU-02:~$ mysql -u root -p -h 127.0.0.1
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 43
Server version: 5.5.49-0ubuntu0.14.04.1 (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> CREATE database ralph default character set 'utf8';
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> CREATE USER 'ralph'@'localhost' IDENTIFIED BY 'ralph';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON ralph.* TO 'ralph'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

 

ユーザの「~/.profile」に変数を追記する。
※環境に合わせて書き換えること。

cat <<EOF >> ~/.profile
export DATABASE_NAME=ralph
export DATABASE_USER=ralph
export DATABASE_PASSWORD=ralph
export DATABASE_HOST=127.0.0.1
export PATH=/opt/ralph/ralph-core/bin/:\$PATH
EOF

 

変数を読み込ませるため、一度ログインしなおしてからサービスの起動を行う。

sudo sed -i '/^DEBUG/s/False/True/' /opt/ralph/ralph-core/lib/python3.4/site-packages/ralph/settings/prod.py
ralph migrate
ralph sitetree_resync_apps
ralph createsuperuser
ralph runserver 0.0.0.0:8000

 

最後のサービス起動については、別途起動スクリプトを作っておくとよいだろう。
サービスへのログインは、「ralph createsuperuser」で作成されたユーザで行うとよい。

ログイン後の画面はこちら。

20160628_084045000000

 

こういったDCIMがもっと広まってくれると嬉しいなぁ…

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。