Proxmox VE 4.2でKali Linux 2016.2を動作させる
Pocket

Proxmox VE 4.2上でKali Linux 2016.2を動作させる場合、普通にVMを作成すると、インストール後の最初のブート画面で以下のような画面で止まってしまい、その後先に進まないことがある。

Sponsored Links

これを回避するには、対象のVMを選択し[ハードウェア] > [ディスプレイ] で「VMware互換」を選択してやるとよい。

 

これで、無事ブートできるようになる。

 

【参考】

 

Pocket

Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*