ヒストリーをリストから選択する方式でコマンドを選択できる「HSTR」を使ってみる

調べ物をしてたところ、ヒストリーからTUIで対象のコマンドを選択できる「HSTR」というツールを見かけたので、実際に使ってみることにする。
gifがgithubのREADMEに上がっているので、そちらを見れば大体のイメージは湧くと思う。

1.インストール

インストールは以下のコマンドで行える。

●CentOSの場合

sudo yum install hstr

 

●Ubuntuの場合

sudo add-apt-repository ppa:ultradvorka/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install hh

 

ソースからインストールする場合は、以下のコマンドを実行する。

git clone https://github.com/dvorka/hstr.git
cd ./dist && ./1-dist.sh && cd ..
./configure && make && make install
Sponsored Links

2.使ってみる

実際に使ってみる前に、まず事前に以下のコマンドを実行してコンフィグを生成、.bashrcに追記する。

hh --show-configuration >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

 

後は、以下のコマンドを実行したらヒストリーの選択画面が表示されるので、フィルターにキーワードを入力して対象を絞り、実行したいヒストリーを選択するだけだ。

hstr
hh # こちらでもよい

 

historyとpecoを組み合わせたみたいな感じだが、最初からキーバインドで使えるあたりが楽でいい感じだ。
触ってみた感じかなり楽にヒストリーから対象のコマンドを選択できるので、よくいじる環境に入れておくとよさげ。

 


Written by blacknon

インフラ系のSE。一時期はプログラマ。 仮想化とオープンソースに興味あり。一日中寝てたい今日このごろ。 スペインとかで働きたいなぁ…(シエスタがあるので)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

*